ネットが伝隠翅虫メニエール病撮って死にそう教えせるバッグ専門家:吹かば

ステルスの翼というのは、とても小さい.昨日Twitterで熱伝、撮って死に隠翅虫滯在になる大量の水疱耳目を、文字、写真と酸鼻の極.幸いに、これは1つのデマです.写真の惨状は、隠翅虫を引き起こす.でも,メニエール病、専門家は注意して、最高に隠翅虫、手加減する.恐怖!死を隠翅虫会起の大水疱を撮って流れていく!隠翅虫、君に絶対殴らないで、それは体に毒、肌に触れて死ぬ.」先日未明、VのTwitterユーザーが、重い味を1本発.先日午後3時、このマイクロ博は15万回に転送された.文字だけから見れば、こののマイクロブログ何か特殊で、こんなに何度も転送の主な原因はあまり震撼図.図には二つの赤い腫れの手は、腕の内側にびっしりと水疱のように、小さい米粒の最大のは全体の腕を占拠した.虫に刺されて、毒だのに猛毒だなと驚いている!」この小虫は威力が大きい.」叫んだのあまり、ユーザーが尋ねると、どのようにと親密な接触を避ける隠翅虫」.あとはユーザーの関係は自分に隠翅虫傷つけたことがある.彼らの言葉に嘘がないと言って、隠翅虫一口が皮膚がただれて、傷の膿流れはどこがぼろぼろになる.1名のユーザーは例を挙げて説明します:かつてある女子顔に登って、眠りを撮ってぼんやり隠翅虫死顔には、直接顔ですね!ウロン図と文字上戸に餅下戸に酒ネチズンたちはあわてて討論の時に、有名な科学サイト果壳網の公式Twitterはとてもタイムリーにぶっかけた盆冷水:左図は確かに隠翅虫、右図の水疱は隠翅虫によるものではなく、葛水疱と毒.果壳網の編集を検索して、この写真図までさかのぼれ2001年、図中の水疱は有毒植物毒葛がもたらしたのではなく、極端な例.この女性は毒を切って大量の汁に触れ、その後、ひっかくを掴まて毒が広がりました……一般毒葛城『ダメージ』の結果は接触性皮膚炎.さらに面白いのは、この张耸人聞いた図は万屋、違う場合もびっくりして.一つの人気招待状の中で、タイトルは酔って抱きしめるシンポの末路”が、の図とはその爪に先まで似る.デマを打ち消しの後,果壳網編集も暖かい注意:1匹の隠翅虫の毒素は一般の人間にとってはないことは、大した丘疹時痛いして水ぶくれ.それらによるアレルギー反応、中毒の原因は隠翅虫体内に隠翅虫素.この物質の体内に存在する隠翅虫は、彼らの防御機構.当敌害粉砕隠翅虫の体の後、やっと溢れるこの毒素.しかし、アレルギー体質の人にとっては、それを引き起こす恐れ隠翅虫皮膚炎.専門家を吹き飛ばし隠翅虫、撮らない死それ隠翅虫、ても「靑の腰の虫と,類似飛アリ、止めた時に翼をよじって尾、回収し、かつ趨光性、夏と秋の二つの季節の最もよくある.体内に毒腺ないない、人を刺すが、体内には毒液(強酸.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です