メニエール症候群の原因と症状について

メニエール症候群は、検査をしても耳や脳などには問題がなく原因が不明で、メニエール病のようなめまいや難聴などの症状を繰り返す疾患の総称です。「メニエール症候群」とは症状名ですので診断名として使われることはほとんどありません。メニエール病は内耳のうちリンパ水腫が原因ですが、原因がリンパ水腫でないのに「めまい」「耳鳴り」「難聴」の症状がある場合、それらの病気をまとめて「メニエール症候群」と呼ぶのだそうです。

メニエール症候群は、詳しい検査や経過観察した結果、回転性のめまいが長時間続く前庭神経炎だとわかることもありますし、外リンパ瘻、内耳梅毒、薬剤内耳障害、ウイルス性内耳障害などであることがわかることもあるそうです。また、自律神経が乱れたり頚椎に歪みが生じた時に起こるめまいであったり、ストレスや生活習慣の乱れで起こるめまいの場合もあるので、生活を改善することで治る人もいるそうです。

30代後半から40代前半で発症することが最も多いと言われており、比較的女性に多い病気とされていましたが近年では男性でも増えてきている病気です。

メニエール病の最も代表的な症状は、突然起こる回転性のめまいです。めまいは30分以上続き、時には数時間続くこともあります。

また、めまいと並行して耳鳴りや耳が詰まったような感じが起こり、さらには低音域が聞き取りづらくなる難聴の症状も見られるようになります。

酷いめまいのときには、嘔吐や吐き気、冷や汗、動悸などが起こることもあります。進行の程度にもよりますが、耳鳴りや難聴だけでなく耳が詰まった感じや、音が響く感じなど様々な耳の異常が起こることがほとんどです。

また発作は何度も繰り返し、徐々にその頻度が増えて感覚が短くなり、発作の持続時間が長くなるといったことが起こってきます。

メニエール病の原因は内耳を満たしている内リンパ液が過剰になると内(ない)リンパ水腫(すいしゅ)になりますが、この状態によってメニエール病が起こると考えられています。しかし、この内リンパ水腫がなぜ起こるのかについては不明です。
先進国に生活する人に多く、発展途上国の人には少ないことから、ストレスがこの病気の発症に関係しているといわれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です