不動のメニエール病雷下には福

の流れに従って、たくさんの事は私はすべて忘れました.その陰靄の日に発生したすべて、私はいくらのを、これはずっと私の脳裏に殘って、1の影.

その時、陽よく出入り私の家には、単位は、彼が私のお父さんの片腕に、私のお父さんは彼に非常に、.自宅でも時々.長くて、彼が私たちの家の常連になった.誰も想像できない、そんな人間が、彼の魂が汚れを利用して、彼は私のお父さんの信頼、極めて卑劣な手段で、恥ずかしいさんざん私のお父さんのピット.私のお父さんのほぼ身を持ち崩すの程度を私たちの家族がまさにの淵.

涙涙に顔を洗って、そして、毎日に浸り転換できない局面の痛みや、人を任用の深くで、病気になった.瞬間、父は私の目の前にふけた多くの.父が私たちの家族の精神的支柱ですね.彼は普段はそんなに、.この事のため、私は彼の号泣の泣き声を目の当たりにして、あれは1種のどんな無力と怒り出しのお知らせのぶつけよ.特にあの万頼静かな夜は、私にとっては深く心にとどめて、毎回に触れ、総全身震えた.老け顔異常の父が僕の手を繋いて絶句して交代は私がしっかりして、正直、成果の人.その時、私はやっと十数歳なんです.私ははっきりと父と中の意味がわかる.三人ではなくて.振り返ってみると、それは本当に1段の暗の日、ありがたいことに、やっと私たちは生きてきた.本当と言って、あれらの年、あのような刃を、時を私の心臓を全身に及ぶ、復讐と私に全体の脳を埋め尽くす.父の言うことには、何度も消えた私の心の怒りは、福を.私たちは心に恥じない限り人の人が結局を」.

何年が過ぎ、私も工夫を凝らしてそれの要求.は今晩、私はこのように小さい陽と避けられない.時間は、すべてのように映る映画フィルム、一幕一幕の急速に目の前でかわし、

値したのは、私はしっかり覚え父ならば――は福を.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です