多種のメニエール病食品は職業病を防ぐことができる

多くの種類の食品が職業病予防に予防に、職業病の予防に効果があります.撮影、レントゲン撮影やパソコン操作員からよく接触放射線、高蛋白食品を食べる必要があるため、放射線被害を補充するような組織たんぱく質の分解;多くいくらかの緑茶を飲んで、体内に放射性物質の排出を加速して、まだ多く食べるべきだ富ヨウ素食物、海帯、海苔など.印刷、鋳造、溶接、ガラス、エナメルなどの作業員から鉛物質と接触が多く、卵を食べるべきで、赤身の肉、魚、どじょうなどの食べ物.炭水化物を多く食べて、鉛の吸収、多く食べてカルシウム、鉄などのミネラルを豊富に含む食品、例えば骨スープ、エビ、大豆製品、ファーツァイ、動物の血を減らすなど、鉛の蓄積.紡績、鋳造、鋳造する、教師などと粉塵のつきあい者、ブタの血を食べる必要がある.紡績業などの接触繊維の人員は、キクラゲ、消化繊維類物質を助ける.振動、騒音環境仕事の員の体内のビタミンB消費量が大きく、多く食べるべきビタミンB食品、例えば米ぬか、ふすまを高めるスタッフのヒアリング、予防聴覚器の損傷.また、振動と騒音を抑えることができますを通じて自律神経係、胃腸の機能や消化腺の分泌を正常に、人間の消化機能が低下し,食欲減退さんなど、故は食の容易に消化し、食欲を促進の栄養が豊富な食品.頭脳労働者は多い食卵黄、動物の脳、鳥、牛乳、蓮子、リンゴ、エノキなど,メニエール病、多く摂取蛋白質、砂糖、レシチン、カルシウム、鉄、ビタミンB族など、養分を有利に補充知能の消耗、増田智の健やかな脳.高温環境に労働者のためにユニットを大量に汗が出て、体内のカリウム、ナトリウム大量の喪失は、たっぷりの水と塩か補充して、一番多くいくつか食べてカリウムが豊富な食品,例えばダイズ、靑豆、緑豆、ジャガイモ、ほうれん草、干し柿、バナナなど.高温の環境の中で、人体のビタミンの消費が増え、大多数の水溶性ビタミン中から汗が経つにつれて、その中はビタミンCの流失が多く、を食べる必要があるいくつかの緑黄色野菜、棗、柑橘類の果物.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です