女は靑春養生のメニエール病秘訣を常駐する

一つ:運動、毎日堅持する運動、毎日堅持する運動、1種の運動、毎日堅持します自分の最も好きな運動,この運動は客観的な条件に許すことが必要です.同時に、自分が好きなスポーツ装備を選択して.自分で堅持するコツは:目標をあまり高くなくて、常に自分に奨励する;1つの仲間を探します.登山、旅行、早足歩き、水泳、テニス.. .

Pは暗く、目が黒ずん、精神が集中できず、疲れやすいと、排便が悪いとよく感じる……その時、あなたが一番必要な、生物時計を調整することです.

自分の生物時計を調整する

を調整して、自分の生物時計を調整する朝に仕事がある人は、午後やっと冷静になっていると思う人もいる.もし前者はご~ろく時間の食事、元気の良い方法を保つ;後者なら、毎日起きた後に自分で用意して1回の栄養は豊富な朝食は、本を読んだり、新聞を読んだり、自分にもう少し蘇生の時間は、比較的に容易に覚醒状態.また、夜は脳が興奮しすぎて正常に眠れない者には睡眠薬の助けを求める前に、窓やカーテン、部屋は完全に闇に入り、瞑想を始めます.

環境汚染と都市発展、すでに私たちの生活はますます緑になって、私たちは緑色を求めて緑色を追求しなければならない」.

グリーン生活はいったい

生活を行うのは極意だ" p "は、食べ物の出所、選択の場合は、化学肥料、人工添加剤と防腐剤いいえを重視、調味料、油脂と飲用水の質量.田園生活には独鍾があるなら、農村に生活して1段の時間を提案し、自力で生活して不自由になる.タバコ、アルコールはもっともろく弱い、有害体健康になります.

禁煙に酒

は禁煙に限り

に限ると、極意の秘訣です自分は毎日タバコの数量を計算することに計算して、学会は注意する注意の方法を移してたばこを吸うことを解除することを学ぶ方法.禁煙にせよ、酒に限らず、順に進めるとよい方法はない.たばこをやめると酒をやめるというのは無益でかえって有害で、しかしこれはやめない理由ではありません.

自分の情緒の主人になり、情緒に制御されてはなりません.私たちの健康には非常に有害、科学者はすでに発見、よく怒りと敵意の人は心臓病にかかる.

「感情の中の主人

をして,情緒の主をしている

君から怒り、落胆や喜んで尻餅つく時と思えば、もう一人は自分の考えを見て、自分の感情が必要かどうか、おかしいや意義があり、ストレスを感じたときは抑えてではなく、健康の手段を通じてストレス、グルメ、友達とパーティーを楽しむように、音楽を聴いたり、運動などはすべてとても良い選択.

極意6:仕事には条理がある

は仕事が条理

をしています一日の仕事前、まずその日にやることは脳において,メニエール病、時間と重要度にソート、または1冊のカレンダー型手帳、記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です