清潔メニエール病鼻腔には塩水濃度で高高

鼻腔清潔理念の向上、多くの人はネット上で洗噴鼻器を購入して、それから自分で家で洗うことを洗いていて.でも近日中には読者から電話が掛かってきました:鼻を洗う塩水については、いったい何の濃度?聞いたところによると使えないヨウ素添加塩と事実かどうか?これに対して,メニエール病、中日友好病院耳鼻咽喉科の副主任医師杨大章紹介、鼻洗浄用の塩水濃度のすぐ下に生理食塩水で、カナダを使ってヨード添加塩の言い方は完全に擂木で腹切る.多くの洗濯機はお客様が帰宅後に、自分で洗って,鼻塩水塩水を配置する必要があるということです
.杨大章紹介、もし自分で家に自制洗鼻塩水を買ってきた生理食塩水(自制は押しひゃくグラムの水を加えいちグラム食塩の割合を調達)煮た後に冷まし使用が、注意は少し加えて、下の濃度を少し下の生理食塩水の濃度が似合う鼻腔の濃度.また、心配している人の塩水でヨウ素添加鼻洗浄によるヨウ素吸収量、実は鼻腔粘膜の吸収の能力は強くても、希薄化後のヨウ素を塩水の中でまた経由鼻腔人体に吸収されての量が非常に小さい、悪影響ないので、安心してお使いいただけヨウ素添加塩.しかし,全体は提案を病院関係課購入専用の専門病院鼻洗浄器、通常ランダム器、専門の洗鼻塩水、自作の専門はとても多くて、しかし注意アレルギー性鼻炎、鼻の病気で深刻な患者に希望を託し鼻洗浄器疾病を治療することができ、薬やその他の調理方法をとるべき.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です