褒めメニエール病とDDS批判

見守る天使p>と<剛暁明で日が暮れてやっと思い出した宿題.しかし家に着いてからなかなか思い出せない何を殘していた作業.彼らの考え抓耳挠腮老半日、書かないもちろんてはいけなくて、もし聞いて日が遅い.

彼らしかないたぶん先生の言ったページの問題も文章を書いた.

第二日、それぞれの担任検査作業の時、彼らがたくさん書いて発見した数ページを叫んで、彼らの前に行ってお問い合わせは、彼らを忘れたと言って何を殘して作業した.

剛くんに聞いときの担任クラス全員の前で今日は私達のクラスがある学友の提出さから褒められて、彼は先生が殘した宿題が多いので、何ページの問題.これで完成した先生が殘した作業は、多く练習.

そして暁明の担任は、クラス全員の前で今日は私達のクラスの生徒が人を批判しない、彼は授業の集中しすぎて、覚えていない先生の作業を殘して.彼は多く何ページをしましたが、私は彼の行為を褒められて、そして私も重い罰彼.

剛くんが彼を褒めて、先生が認めた彼のやり方、先生宿題の時に彼は聞かない、どうせ帰って多くいくつかの行、ゆっくりと彼は授業に集中しないました.

小明得た批判は、行為を悔やみ、それから毎回先生宿題も真剣にノートに書いて、ゆっくりと身につけて、教室の上に专心一志

同じことを、別の処理と、正.

p>を見守る天使の本文<オリジナル、ネット転載『一品故事網」は、本人の同意を経なければならない!連糸QQ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です